審査基準を知って申し込む

自営業者の場合、サラリーマンと比べると審査には通りにくいと言われています。一番評価が高いのが公務員で、次に正規雇用の正社員、次いで自営業者の順なので、収入の過多ではありません。

 

収入だけで考えれば自営業者が多そうに見えますが、カードローンの審査で重要視されるのは安定です。自営業者は、業績によっては全く収入がなくなったり、事業に失敗したりする可能性もあるので、安定していないと判断されます。

 

ただし、自営業者だから審査に通らないと決まったわけではなく、自営業者でもカードローンの利用者はもちろんいます。しかし、公務員や正社員と比べると、自営業者は審査に通りにくいと構えておいた方がよいでしょう。

 

自営業者であれば、審査に通るための注意点がいくつかあります。事業が安定しているかどうかは、貸し手側としては非常に重要なのは、容易に想像ができます。企業して長年安定して業績を挙げているかどうかで、審査の結果に影響が出る場合があります。

 

また、借入限度額については少な目に申込んだ方が確実です。例えばサラリーマンなら、給与から控除を考慮して手取りが決まりますが、自営業者は自己申告します。節税の性格上、経費を計上して所得を減らす事業者が多いのは当然で、つまり自身の収入は少な目の申告になりやすくなります。その分借入れできる金額もまた少なくなってしまいます。

 

大きな限度額を持つオリックス銀行カードローンの利用基準であっても同様となります。誰でも大きな金額を借りられるわけではないのです。