自営業者とカードローン

直接お金の問題に差し当たった時に、カードローンで工面する方法があります。カードローンは一度審査に通れば、限度額の範囲内で何度でも借入れできるようになります。急な出費の時にもそうですが、いざという時の備えとしてもあると安心です。

 

カードローンの申込み時には審査がありますが、収入が多い程審査が有利とは限りません。自営業者の場合、収入が多くても融資が受けられない場合もあります。

 

 

自営業者は審査に通りにくい?

カードローンの審査においては、収入が多い点よりも収入が安定している点が重要視されます。安定で見るならば評価が高いのが公務員です。業績に左右されないですし、万が一退職するようなケースでも退職金など手厚い待遇が得られます。

 

次いで正社員も安定していると見られます。勤続年数が長ければなお高く評価されます。

 

ただし、自営業者の場合には、収入が不安定だと判断されてしまいます。例えば前年度は収入が2000万円だったとしても、今年度はマイナスだったという自営業者もいます。業績によって収入が大幅に変わるため、リスクが高いと判断されます。

 

審査に落ちる自営業者の特徴

自営業者だからカードローンの審査に必ず落ちるわけではありません。審査に通る人もいれば落ちる人もいるのは、公務員やサラリーマンも同じです。例えば過去に返済の遅延情報があったり、すでに他社でも借入れ中の残債が複数あったりすると、審査に通りにくくなります。また、年収と見合わない金額の申込みも断られてしまいます。

 

自営業者として特に気を付けたい点は、収入の安定度と起業年数です。自営業者でも収入が安定して入っているならば、審査でも有利になります。また、起業年数も重要で、立ち上げて1年も経っていないような会社では、審査は厳しいでしょう。

 

自営業者専用のカードローン

一般的なカードローンの多くは、使い道自由です。ただし、その多くには但し書きに「ただし、事業性資金は除く」とあります。一般的にカードローンのほとんどは事業の資金繰りには使えません。事業のためのお金も投資活動なので、戻ってこない可能性のリスクが考慮されます。

 

もしも事業のためにお金を借りたい、自営業者だから審査が心配、それらに当てはまるなら、自営業者専用のカードローンが安心して申込みできます。事業資金も問わず使い道自由なカードローンもあります。自営業者のためのカードローンなので、公務員やサラリーマンでなくとも抵抗なく申込みができます。

 

様々な自営業者用のカードローンがありますが、大手の消費者金融でも提供されていることはあまり知られていません。ビジネスローンなどと呼ばれている借り方となり、事業資金の範囲内なら自由に使えるので大変便利です。

 

ビジネスローンは手続き内容によっては総量規制の対象ともなりませんので、事業でまとまったお金が必要であれば事業主と総量規制の関係をまずは知っておきましょう。

 

どのような借り方も返済の計画が重要

個人が借りるキャッシングでも事業で使うビジネスローンでも、お金を借りるなら返済の計画はしっかりと持っておかなければなりません。いくら借りたらいくらの返済になるのか、完済までの期間はどの程度かかるのかなどをしっかりと知っておけば、お金の借り入れも怖いものではありません。

 

ただ、返済を考えて借りるなら金利には注目をしておくべきです。消費者金融は早い手続きで素早く借りられると人気ですが、返済を考えると高い金利がネックになります。

 

軽い返済負担でお金を借りたい場合には低金利となる銀行のカードローンで借りるのがよく、最近になって人気が出てきているのが来店不要のオリックス銀行カードローンです。

 

どこからでも申し込みができ、契約も来店不要となるために時間が無い方でも利用ができ、返済の負担も軽いと計画的に借りたい方からの評価が高いのです。